葬式で戸惑わないための焼香マナー

葬式で戸惑わないための焼香マナー

多くの葬式で行われる焼香とは、葬儀、通夜、法事などで「お香」を焚く作法のことです。
また、座礼焼香・立礼焼香・廻し焼香などいくつかのスタイルがあり、宗派や考え方によって焼香の仕方が異なります。
そこでここでは、一般的な立礼焼香の仕方をご案内いたします。
まずは、順番が来たら後ろの人に会釈をします。
そして焼香台の少し手前で僧侶、遺族の順に一礼して焼香台の前に進みます。
遺影を見つめて一礼し、1歩前に出て合掌します。
そして左手は合掌の形のままで、右手(親指・人差し指・中指)で香(抹香)を軽くつまみ、顔(目の高さ)の前で捧げます。
そして静かに香炉に香を落とします。
宗派などによって異なりますが1~3回繰り返します。
再び遺影に合掌して一礼します。
そして前向きのまま3歩ほど下がり、僧侶、遺族に一礼して自席に戻ります。
これが基本的な流れとなります。
しかしながら、前述したように宗派などにより異なる場合があるので必ずしもとらわれることなく、臨機応変に対応ができると良いでしょう。